世界三大凶悪都市ケニア/ナイロビの夜の街を日本人だけで歩いた感想 /治安/Sim/移動/Visa

世界三大凶悪都市の1つと言われるケニアの首都ナイロビ。

海外旅行の定番ガイドブック「地球の歩き方」には、ひったくりや置き引きに注意!という一般的に気を付けるべき点だけでなく、

偽警察官に注意!銃撃戦に注意!睡眠薬入り飲食物は死にいたることもあるので注意!

という、どう注意して良いかも分からないような内容が書かれている。

そんな危険都市ナイロビの空港で(ネジの外れた?笑)日本人と意気投合し、一緒に夜のナイロビ市内を歩いて散策&バーに行った体験と治安についてレポートします。

ケニア入国<VisaとSimカード>

海外旅行25カ国目ケニア!首都ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港に降り立ちます。

空港の窓ガラスには動物の絵がプリントされてて、とてもアフリカらしいなーと思ったのが第一印象↓↓

 

ナイロビの空港の窓ガラス

 

ナイロビの空港の窓ガラスの絵

 

僕の海外旅行の目的は、その国の文化・人々の生活を知りたい & 英語を話すことなので、基本的には1人で旅行して現地民や外国人に話しかけることにしてます。

でも今回は「世界三大凶悪都市」ということでかなりビビってたので、日本人がいたら話しかけまくる & Simカードを購入して常にケータイがつながる環境にする作戦でした。

飛行機到着後から早速日本人と仲良くなり、両替&Visaを共にします。

Visaですが、僕はケニアの後にルワンダに飛ぶ予定だったので、ケニア、ルワンダ、ウガンダの3カ国の入出国ができる東アフリカVisaをアライバルで取得しました。100USDなので、各国のVisaを単体で取るより安いです↓↓

アライバルの東アフリカビザ

 

この時のイミグレはe-Visaなどで事前に申請してきた人がほとんどで、アライバルでVisa取得してるのは僕を含めて数名しかいませんでしたので、10分程度で入国審査完了しました。事前申請組は1時間以上?かかってたと思います。

 

空港出口の目の前にSimカードを販売する各ケータイ会社のブースが3つ、4つあります。タクシー会社やツアー会社のブースと横並びでした。

出口の本当に目の前にあるので分かりやすかったです。

周辺の旅行者に聞くと、口を揃えてSimカードの会社は「Safaricom」が良いというので、緑のブースでSafaricomを購入することに↓↓

サファリコムのSimカード

 

この時Safaricomが選ばれる理由は分かりませんでしたが、後日マサイマラ国立公園のサファリツアーで一緒だった中国人が「Airtel」のSimを購入してて、比較してみると僕のケータイ(Safaricom)の方がつながる場所が多かったので、

Safaricomの方がつながるエリアが広いから選ばれてるんだと思います。

Simの設定は全て店員さんにやってもらえます。

値段は5GBで1500円or2500円くらいだった気がします。

同じ金額設定で、データ容量のみの場合と、通話とデータ容量がセットになったパックがあるのでお間違えなく! 例えば1500円の場合、5GBのデータ容量のみの場合と、4GBと通話時間が30分くらいの?セットになってる2パターンがあるので、用途に合わせて購入しましょう。

ちなみに通話可能なSimを買った場合は、Simカードに記載された現地での電話番号になるみたいです。(LINEはそのまま使えました。)

 

運命の出会い<空港から早速治安が悪い?>

Simカード購入の列に並んでいると、5~6名の日本人に出会いました。日本人ほぼ0だと思ってたので、意外と多いなーという印象。

 

その中に、今回夜の街を一緒に探検することになる関西のパワフルお兄さん2人組がいました。1人は荷物が届かずロストバゲージしたため、リュック1個のみの軽装で遅れて空港出口から出てきました。

 

彼らは最初から夜のバーに行く予定だったらしく、ホテルはその近くに取ったとのこと。

僕はその日の夜の予定は無かったので、彼らに便乗することに決定。

お互いの宿の場所が離れていたので、LINEを交換して再合流ということに。

 

僕の選んだ宿は、ナイロビ在住でビジネスをされてる日本人の河野夫妻の部屋をAirbnbでお借りしました!

お部屋だけでなく、各種ツアーや現地情報で分からないこと、次の国のルワンダでのツアーまで紹介していただいて、本当に色々お世話になりました!

ナイロビに行ってみたいけど、色々不安!という方は相談してみてはいかがでしょうか?↓↓

 

ナイロビではタクシー配車アプリの「Uber」や「Bolt」が普及してるので、僕はUberを使って宿へ向かいます。

パワフルお兄さんたちは勇敢にも空港の客引きで見つけたタクシーに乗って宿まで行くみたいでした。

空港でのタクシー客引きは良くあることですが、ここはナイロビです。
ガイドブックにも「正規のタクシーの中でも新しい車種に乗ることをおすすめする、特に無線タクシーならカージャックにも遭遇しにくいだろう」みたいなこと書かれてます。

その上、客引きの見た目がコワい!! 格闘家のアーネストホーストみたいなのがゴロゴロいます。笑

前回旅したジンバブエのビクトリアフォールズ空港でも同じで客引きはいましたが、雰囲気というかオーラというのか、なんか全然違うんですよね。目つきがコワい。まあ僕の恐怖心のせいで半分は被害妄想だと思うんですけども、、、

 

後で聞きましたが、パワフルお兄さんたちはそのタクシーで早速ボッタクられそうになったとのこと。

タクシー乗車後、すぐに警備員らしき服装の男が近づいてきて、お金やパスポートを要求されたらしいです。

「なぜ支払わなければならないのか?」と毅然とした態度で回答したら帰っていったそうです

お兄さんたちがタクシーの中でタバコを吸い始めたからなのか、本当にボッタクろうと思ったのか真相は闇の中ですが、常に気を抜けない状況であることは間違いないなって感じましたね。

 

再集合

集合場所はお兄さんたちの「Hotel Embassy」。近くに国立博物館などがある市内中心部に位置してます。

部屋にお邪魔すると、ロストバゲージした空港から連絡があったけど、英語が分からないからヘルプを頼まれます。

彼らは関西国際空港→中国広州空港→ナイロビと乗り継いできたけど、預け荷物の中に充電池があったので広州で止められたとのこと。(関西→広州ではたまたま発見されなかった)

荷物をナイロビまで送ってもらうことも、日本に送り返すこともできないので、帰りの乗継ぎで広州空港のカウンターに寄って持ち帰る作戦で一件落着しました。

預け荷物の中身確認は重要ですね!!

 

でもロストバゲージのおかげで?!ホテルの人に付き添ってもらって、新しい衣服やバックを近くのマーケットとかで購入してきたらしい。観光客じゃ入れない危険な感じがしたって。僕もぜひ行きたかった!

 

心配事が解決したところで、ケニアのビールTUSKERで乾杯♪♪

ビールを持って自撮り

海外で市販のビールと言えば薄いのが多いですが、TUSKERは味も炭酸もあっておいしかったです♪

 

 

さて、出陣の準備は完了です!

まずは近くのレストランで食事をすることに。辺りはまだ明るいため、そこまで心配な感じはありません。

レストランはナイロビの中では中~高級クラスで、クレジットカードも使えるしっかりしたお店です。

インスタ映えするドリンク?↓

アフリカのレストランのドリンク

 

そしてフード頼みすぎちゃいました↓

アフリカレストランの串刺し肉

ナイロビ市内レストランのフード

 

お会計を済ませて、散策スタートです❗️

なるべく大きくて人通りが多く、街灯がある道を選びます。

早速物乞いの男性と子どもの2人に絡まれます。足が不自由そうな男性の方は、腕をつかんで執拗についてきます。

 

近くにいたポリスが一言二言その男性に何か言うと離れていきました。

事前情報ではポリスもグルになるケースがあると聞いたけど物乞いに注意してくれたことや、明るい街灯の下を女性を含む家族連れが歩いているを見て、治安は改善されてるのかな?と感じました。

 

 

その後10分くらい散策した後、バーに向かうことにします。

場所が分からないのでスマホでGoogleマップを見ますが、誰も近くにいないことを確認してお腹のシークレットポーチからサッと出してサッと地図を見ます。

大体の方角を頭に叩き込んで、すぐにスマホをしまって、また歩き出します。

特にiphoneは、高額で”人気商品”なので、所持してるのをなるべく見られないようにしてます。

 

道は街灯で明るいですが、現地民とすれ違う時はちょっとドキドキします。

ナイロビ市内の夜の道

 

無事バー「FLORIDA」に到着❗️ まだ開店前ということで、店の前に店員やお客さんが数人たむろしてます。

とりあえず記念撮影。

バーフロリダの前で撮影

 

「何時からスタート❓」

「あと20分後くらいかな」っと、店員らしきお兄さんから回答。

出直してきますか❗️

お兄さんたちのホテルとバーは200メートルほどなので、いったん宿に戻って開店を待つことにしました。

 

バー潜入

「途中で何かあったらホテル集合で!」

海外では自分の身は自分で守らなければいけません。

僕は常に走れるように海外旅行中はスポーティなシューズを履いてますが、お兄さんたちはサンダル。。。

「走れるんですか?笑」

「なんとかなるっしょ!」

強いというか、ネジが外れているというか。。。笑

 

再度バーに到着。入場は無料です。2階に上がり、フロアに入ってみると中は閑散としてます。

日曜日なのでお客さんも店員も少ないとのこと。

ドリンクの料金はバーによくあるような(通常物価の1.5倍くらい?)価格設定で、特に高額だと感じるような値段ではありませんでした。

他に欧米からの観光客もいたので、お店自体は有名でセーフティーなのかな?

飲みながら周りをキョロキョロしてると、お姉さんたちが寄ってきます。

「隣に座って良い?」

「どうぞ」

「どこから来たの?チャイナ?」

 

最初はよくあるたわいもない会話を楽しみます。

「何か飲んでよい?」とお決まりのコメントですが、「NO、ゴメンね。」と回答。

 

余計なお金は絶対に払いません。いくら請求されるかも分かんないし笑。

そそくさと彼女らは次のお客に流れていきます。

 

僕は宿が離れてるのでタクシー(ウーバー)があるか心配だったし、翌朝からサファリツアーで早起きだったので、結局2、3杯飲んだだけで帰ることにしました。

23時過ぎです↓↓

 

iphoneのスクショ

 

ちなみにお店の奥にはポールダンスとかしている部屋があるらしく、入場料は1000シリング?だそうです。興味がある方はぜひ行ってみてください!

 

 

お会計の金額は、頼んだドリンクのとおりで一安心です。

 

バーからお兄さんたちのホテルへの帰りも、特に危険な目には合わずに帰れました。

僕はホテルからウーバーを呼びます。

ウーバーがまだ数台いることに感謝しますが、宿に帰るまでは安心できません。

 

助手席に乗車後、運転手に果敢に話しかけます。どうやら悪い人では無さそう、向かってる方向も合ってるし。

ただウーバーでも被害にあったという話は聞くので、最後まで気は抜けません。

車内からパシャリ↓↓

車の中から外を撮影

 

車の中から夜の街を撮影

 

最終的に無事玄関前に着いた時は、正直ホッとしましたね。。。

まとめ

「世界三大凶悪都市」と呼ばれるナイロビですが、海外旅行時の注意点+αを守っていれば、まったく出歩けないわけではないというのが僕の結論です。

 

海外旅行時の注意点とはガイドブックに記載してあるような、

  • キョロキョロしながら(不安そうに)歩かない
  • 高価に見えるアクセサリーや華美な服装は避ける
  • ケータイを見ながら行動しない
  • 夜は出歩かない

 

などの基本的な行動です。+αとは、

 

  • バックは持たないで手ぶらの状態で行動する
  • 危険なエリアを事前に調査する
  • 万が一脅された時に手渡すためにポケットにお金を入れておく

 

などの、更に準備しておくと良い部分です。

他の旅行者から見れば+αの部分も基本的な行動かもしれませんが、僕はナイロビに来るまでは+αの部分までは気を付けていなかったので、別で記載しました。

 

 

いかがでしたでしょうか?

現地で話を聞くと、日中でも危ない目にあったことがあるという話も聞くので、正直運に左右される部分も大きいです。

しかし、事前の情報収集&準備で、被害に合う可能性を下げることはできると思います。

 

したがって、ナイロビに行ってみたいという人には、治安が悪いからと最初から諦めずに、情報をしっかり集めて準備をした上で旅行すれば、より安全で快適な旅ができるのではないでしょうか。

凶悪都市を思わせる路地
最新情報をチェックしよう!