上昇志向ブログ「全身全霊Takeoff」管理人ショウ51のプロフィール

母子家庭で育った僕が武器「思考力」を持たずに「社会人」という戦場にデビューしたのは今から6年前です。

何事も上手くいかずに思い悩んで、不眠症になりましたが、色々な人に助けられてコツコツやってきた結果、今では当時想像もしていなかった人生を歩んでます。

そんな経験を踏まえて本記事では僕のプロフィールと当ブログの目的を紹介していきます。

4000字弱の長文ですので、お時間ある時にお付き合いください!

 

スポンサーリンク

プロフィール

  • ブログ管理者名:ショウ51
  • 進路:福島県の高校 → 東北の大学/大学院 → 大手医療機器メーカー
  • 部活動:中学校で卓球部・サッカー部、高校・大学はテニス部
  • 生年月日:1988年 7月  32歳(2020年時点)
  • バイブル:7つの習慣、嫌われる勇気、ユダヤ人大富豪の教えI〜Ⅲ
  • 基本理念:アドラー心理学(全ての物事は自分の考え方次第でどうにでもなる!)
  • ブログ開設:2019年(令和元年) 5月

 

生い立ち

土と苗を両手でもつ

母、祖母、自分の3人家族で、福島県の田舎で育ちました。母子家庭&一人っ子です。

電車が1時間に1本も無い過疎地です。

女性のみの家族だったこともあり、男性的な理論派ではなく女性的な直感・感情派の思考パターンに近いと自分では思ってます。

順序立てて論理的に考えるよりも、直感的にまず行動することが多いです。

貧しさのせいか、教養の不足なのか、祖母と母は衝突することが多く、いつも言い争いをしていた記憶があります。

たまに包丁とか出てきたりして。。。今考えると、よく「事件」が起きなかったなーって思います。

幼い時からいつも我慢して聞いていた僕は、おかげさまで相当忍耐強い性格になったと自負してます!

 

最近、教育・教養とか貧困などのテーマに強く興味を示すようになったのは、この原体験の影響かなって思ってます。

 

 


スポンサーリンク

マイナスからの社会人デビュー

白黒写真の女性の瞳
大学入試の時、自分が受ける大学の場所が分からず、調べ方も分からなかったので、親戚にホテルを予約してもらい、友だちの親に車でホテルや受験会場まで送ってもらいました。
子どもの頃から「論理的に自分の頭で考える力」が全く無かった僕。
それに気づくことなく社会人になったので、入社した直後から業務でもコミュニケーションの面でも大変苦労しました。
相手や上司に言われたことを自分では理解したと思っても結局理解できてないから、自分でまとめたレポートは的外れで必ず再提出。
同期入社の友人たちが定時で帰る中、新入社員で1人だけ残業。仕事はたまる一方で始業1時間以上前に出社して、誰よりも遅く帰る日々
疲れが溜まってる時は、車で通勤中の赤信号で寝落ちしたこともありました。

メンタル面でも落ち込み、「大学院卒なのに出来ないの?」と思われてるような被害妄想にかられる。

性格的に、深く考えずに思ったことをすぐ発言するので、飲み会の翌日「昨日は誰々に失礼なこと言ったんだって?」と言われる。
でも、正直あまりピンとこない。
そういえば、「しょう君て、普通の人と違うよね」ってよく言われるなぁ。
大学の時の彼女に「しょう君は、もっと色んな人とお話しした方が良いよ」とか言われたこともあったなあ。
僕は「人の気持ちが分からない」ってこと?
不安がどんどんどんどん募っていく毎日。
ある日ネットで目にしたアスペルガー症候群(自閉症)の簡単チェック表。
ためしにチェックしてみると、かなりの項目に当てはまる。
「僕は知的障害なのか?」
その頃から夜の寝付きが悪くなって不眠症になり、ひどい時はベッドに入って目をつむっても4時間以上眠れないこともありました。

「一体何をどうすれば良いんだ、、、」

とにかく「あまり発言しないようにしよう」と、風邪を引いてもいないのに毎日マスクをつけて会社に行くようになりました。
そうやって、さらに”使えないサラリーマン”になっていきました。

2つのターニングポイント

道の先に木漏れ日

1.英語

自分の所属部署では、海外現地法人とやり取りを行う業務があるため、その人材養成講座として英語研修を行っていました。

ある日、上司から「英語の研修を受けてみない?」とたまたま声をかけられました。

自分も深く考えず、「あー、はい。」と返事。

しかし、この時なにげなく英語をスタートしたことが自分の中で大きな方向転換になります。

もちろん初めは全く話せません。

でも忍耐強く続けていくうちに少しずつ少しずつ話せるようになってくる。

この小さな成功体験の積み重ねが、

自分でもやればできるんだ!
っていう自信につながっていきました。
すると、勇気とやる気がドンドン湧いてきます。
そして仕事にも積極性が出てくる。
多少の失敗ではへこたれなくなってくる。
だんだんと自信を積み重ねてきた今では、1人で海外現地法人との窓口業務を任せてもらえるようになりました。
また、英語が話せるようになると、海外の人とお話しするのが楽しくなります。
だから旅行に出かけたくなる。
海外の文化を知ると、自分の常識が相手の常識じゃないことが分かる
それをまた別の国で話して、違いを語り合う。
それがまた楽しい!
そうこうしているうちに、コミュニケーション能力が自動的に上がっていきました。

2.叔父の死

幼いころから叔父を父親のように慕っていました。
社会人になってからは旅行に頻繁に行っていたこともあり、会う機会が減っていました。
ある日、旅行先で叔母から急に電話がかかってきました。
「おじさんねえ、今日1日もたないらしいのよ。」
「え?」
すぐに飛行機を予約して、その日のうちに飛んで帰りましたが、病院に着いた時にはもう話せる状態ではありませんでした。
原因は脳梗塞です。
まだ60代前半の早すぎるお別れでした。
その時、僕の中で
人生は有限だ
という熱いスイッチが入り、1分1秒を大切にしようと行動するようになりました。

スポンサーリンク

僕の成長ドライバー

空中にはしごと子ども
Photo by Samuel Zeller on Unsplash-min_R

英語

One language sets you in a corridor for life. Two languages open every door along the way.  - Frank Smith

1つの言語を話せると、あなたの人生に1つの廊下が現れる。2つの言語が話せると、その廊下にある全てのドアが開く。-フランク・スミス

本当にこの名言の通りだなって思います。

 

国内でも海外でも、旅に出ると自分の見たことのない風景・人・文化に出会います。

見たことのない世界を知ることで、自分の考え方の幅が大きく広がっていきます。

すると、日常の些細なことにイライラしなくなったり、新しいアイデアが溢れ出してくるようになったりして、豊かな人生が歩めるようになります

 

読書

本とは、著者の体験してきたことを文字にしたものなので、他の人がしてきた人生経験を自分が疑似的に体験することができます。

だから本を読むと、他人の視点が分かる。

他人の視点が分かるから、相手の気持ちを理解することができる

 

また、本を読むことで自分の中に様々な引出しができます。

様々な引出しがあるから、実際の仕事や日常生活の場面では、その引出しから答えを出せばよいし、予想外なことが起きても、違う引出しに入ってるアイデア同士を足したりして対処することができるようになります。

僕はコミュニケーションの面でも仕事の面でも大いに本に助けられました。

例えば仕事での会議。

以前は、まず相手の発言を理解するのに時間がかかり、それに対する自分の考えを整理するのに時間がかかっていたため、意見を求められても考えがまとまっておらず、答えることができませんでした。

それが読書をするようになってからは、相手の発言が理解できるようになりました。

むしろ相手の意図してることをくみ取って、その他の人に更に分かりやすく補足することができるようになったりします

 

スポーツ

スポーツは自分が動いている中で瞬時に状況判断することが求められるので、高い判断能力がつきます。

加えて、基礎体力がつくので、苦しいことがあっても気力と体力で乗り越えることができます。

 

毎日残業で遅くても、旅行中に1日何十キロ歩いても耐えられるのは、今でも2日に1回ペースで定期的に運動を続けてるからです。

また、スポーツをしてると「今この瞬間」に没頭することが出来ます。

悩みんでる時って、過去に起きたこと、もしくは未来に起こりそうなことを考えて不安になっています。

だからスポーツをやって「現在」に目線を戻す

その上、体を動かすから思考もスッキリしてきます。

 

当ブログの目指すところ

最近仕事・コミュニケーション関連の話題を問わずに僕に色々相談しに来てくれる人が多くなりました。
そこで感じたのが、

「自分と同じような悩みを抱えてる人がいる」という確信です。

したがって、少しでも他の人の参考になれば嬉しいと思い、あえて自分の恥ずかしい部分を書くことにしました。
かく言う僕も、現在いまだに夜の寝つきは良くないです。
しかし、以前のようなネガティブな悩みは減り、今後どうしていきたいとか何がしたいかというポジティブな思考に変わってきてます。

したがって、当ブログの方向性は、ずばり↓↓↓

 

自分の殻を破りたいと思ってる人、そして挑戦し続けている人と一緒に、理想の自分へ向かって全身全霊Takeoffしていくこと

飛行機が飛び立った直後
Photo by Yoshi Sugimoto on Unsplash

 

記事の内容は、成長ドライバーにあるような様々なジャンルですが、今後興味がある投資・お金・起業・教育に関しても書いていこうと思ってます。

伝えたいことがありすぎて、結果雑記ブログになりますので、お時間の許す限りお付き合いいただければ嬉しいです♪

 

終わりに

悩んでいる人を勇気づける投稿を目指していきます。

ご意見・お問い合わせあればお問い合わせページよりどしどし連絡いただければと思います!

スポンサーリンク