【旅行記】憧れのローランギャロス!全仏オープンの赤土テニスコートは見れたのか?!

全仏オープン

フランス・パリ市民の憩いの場所ブローニュの森。
この森に隣接するテニス会場で行われるテニスの4大大会の1つが全仏オープンです。
4大大会の中で唯一クレーコート(→地面が土のテニスコート)で行われる異色の大会。
学生時代の部活動ではクレーコートで練習していた自分にとっては憧れの場所で、一生に一度は行ってみたい聖地です!
先日ロンドンでウィンブルドンのテニス会場を見た勢いとテンションそのままに、すぐ近くにある全仏オープンの会場にも行こう!と急に決めます。
(※本記事は2017年8月の情報です。)
ロンドンーパリ間は飛行機もありますが、ユーロスターという新幹線で2時間30分で行けます。
ユーロスター
値段が安い時は5千円程度で行けて、待ち時間が無いので、ユーロスターはお金も時間もお得です。

ローランギャロス

全仏オープンは別名ローラン・ギャロスとも言われます。
ローラン・ギャロスは人の名前で、第一次世界大戦の時に活躍したフランスのエースパイロットだそうですよ。
彼の功績を讃えて、全仏オープンを行うテニス会場一体はスタッド・ローラン・ギャロスと名付けられました。(参考:Wikipedia)
ローランドじゃありませんよ笑
俺か、俺以外か。
たしかに、一生に一度は言ってみたいセリフではありますが。。。

クレーコート

クレーコート
4大大会の中で唯一クレーコートの全仏オープン。
一般的なクレーより赤いことから、”赤土”とも呼ばれますが実際は”土”ではなく、”レンガ”を細かく砕いたものだそうです。

行き方

地下鉄の最寄り駅「Porte d’Auteuil」から歩いて10分です。
電車を降りると、すぐに駅構内にある”Roland Garros”の文字。
ローランギャロス 地下鉄
あれ?!ローランド?!とは思いませんでした、2017年だったので。
会場に向かう看板は全て写真を撮る気合の入りようで、ローランギャロスまでの距離を縮めていきます。
ローランギャロス 標識
途中にあった噴水。
ローランギャロス 噴水
あれ?! 優勝トロフィーとかたちが一緒?!
全仏オープン トロフィー
そんな些細なことにいちいち興奮します。
全仏オープン 道
後から見返すと、どこだっけ?という全く普通レベルの並木道ですが、この先にはローラン・ギャロスがある!と思うと特段キラキラしてるように見えて、思わずパシャリ。
ローランギャロス 入口
ついにエントランス到着です。

赤土とご対面

ローランギャロス ロゴ
出ました、この見たことあるロゴ!
本当に来たんだなー、お土産いっぱい買って帰ろうかなー!とさらにテンションが上がってきます。
ん?
でも、
今のゲートは閉まってたな?と
その時は特に気にしてなかったのですが、、、
センターコートに来てみると、、、
ローランギャロス センターコート
トラック?!
全仏オープン 工事
えー!!
工事中?!?!
事前に調べて来なかったのですが、2017年夏はテニス会場の大改装期間だったのです!
マジかー!
ウィンブルドンに行った時は、センターコート見学ツアー、テニス博物館、お土産ショップと大満足のひと時を過ごしただけに、がく然としました。
せめて赤土のコートを一目でも見たい。。。
このためだけに日本からやってきて(思いついたのは2日前のウィンブルドンにて)、、、
遠い道のりを歩いてきたのに(最寄り駅から歩いてたったの9分)、、、
ということで、
敷地内の散策を開始します。
ローランギャロス ナダル
全仏オープン過去最多の12回優勝してるラファエル・ナダル選手に励まされながら?歩を進めます。
が、なかなか見れません。
「まあ、仕方ないなー」と諦めかけてた時、
ふと、横を見ると、、、
お?!
木のしげみの向こう側に...
ローランギャロス クレーコート
もっとフェンスによって、、、
ローランギャロス クレーコート
ついにクレーコートとご対面!
ホンモノの赤土だー!
見れて良かった、本当に来た甲斐があった!
と満足して歩き出したのもつかの間、、、
ローランギャロス クレーコート
普通に近くで見れたーー。笑
甲子園球児よろしく、赤土を持ち帰りたいという欲望に駆られるが、「きっとお土産ショップに売ってるだろう」と自分を制する。笑
最後にお土産ショップの方に向かったら、事務所の人に今日は休みだと言われ、思わずその場で寝ころびたい気持ちになりました。
ローランギャロス ナダル

まとめ

オフシーズン中&工事中に赤土のローランギャロスを訪れました。
数年たってから思うことは、「工事中でもやっぱり行って良かった、少しでもクレーコートを見れて良かった」ということ。
だから、また次も行ってみたいと思える。
でももし、「せっかく行ったのに全部見れなくて、つまらなかったなー」と感じれば、楽しくない思い出になっていたかもしれません。
今あるもの・自分が持ってるものに集中してポジティブに捉えるのか、今無いもの・自分は持っていないものに注目して現状をなげくのか。
コップに入ってる水を、半分”も”入ってると思うのか、半分”しか”入ってないと思うのか。
つまり
日々、楽しく過ごせるかどうかは、自分のとらえ方しだいで変えられる、僕はそう信じてます。
ではまた!
ローランギャロス
最新情報をチェックしよう!