セキュリティポーチで安全対策はバッチリ!おススメの使い方と種類を解説

海外旅行にセキュリティポーチは必要?選ぶ基準や使い方は?と疑問に思っている方へ。

セキュリティポーチの必要性と安全な使い方、選ぶ基準などを解説していきます。
この記事を書いている僕は、海外旅行30カ国以上を旅してきました。
中には南米ブラジルや東アフリカでも特に治安の悪いケニアのスラム街などに行ったことがあり、防犯対策・安全対策には人一倍気をつけています。
その経験をもとに、セキュリティポーチについて解説していきます。
スポンサーリンク

セキュリティポーチは必要?

セキュリティポーチとは、名前の通り防犯用の小さなポーチのことで、ひったくりやスリ、強盗などの犯罪から貴重品を守ってくれるものです。
治安が良い地域ではマストではありませんが、繁華街などの人が多い場所では、スリに会う危険性は十分にあります。
したがって、より安心・安全に旅行したい人にとっては必須アイテムとなります。
海外では警察でもワイロを要求してきたりします。
ホテルのスーツケースの中に貴重品を保管していても、クリーニングのスタッフにカギを壊されて盗まれることもあります。
海外で無くしたものは基本的に返ってこないと考えたほうが良いです。
そのため「自分の身は自分で守る」必要があるので、僕は海外のどこへ行くにもセキュリティポーチを常に持って行きます。
ポーチの中に入れるものは、パスポート、現金、クレジットカード、連絡先、スマホなどの貴重品です。

種類と選び方

首かけタイプ

セキュリティバック シークレットバック
ストラップで首からぶら下げて使うタイプです。
メリットは、すぐに取り出しやすいために手軽に出し入れできます。
ストラップの長さが調節できるのであれば、肩から斜めにかけて使うことも可能です。
デメリットは、長時間使用することで首・肩が痛くなることや、Tシャツなどの薄い服を着ている時は透けて見えてしまうことです。

腰巻タイプ

セキュリティバック シークレットバック
ウエストポーチのように腰に巻いて使うタイプで、腹巻をしてるイメージです。
最大のメリットは、ズボンの下で目立たないことです。
デメリットは、トイレの時に少し邪魔になる時があります。

大きさ

首かけと腰巻の両タイプとも小さい方が良いです。
理由は、小さい方が相手に気づかれにくいため。
パスポート(88mm×125mm)とご自身のスマホが入る最低限のサイズがベストです。

生地

肌に直接当たる生地の確認が重要です。
たいていはメッシュ生地になっていることが多いですが、特に肌が弱い方は購入前に商品画像をしっかりチェックして購入がおススメです。
直接肌に当たらないように薄いシャツをもう1枚着るのも一つの手ですね。
また、汗をかきやすい方は、夏場は対策が必要です。
メッシュ生地であっても、ずっと肌に密着しているので、汗が中に染み込んでしまいます。
ビニールパック
僕は夏場対策として、中身を小さなビニールパックに入れてからセキュリティポーチにしまってます。
最初、ビニールに入れずに暑いエジプトを1日中観光したら、夜にはパスポートがヨレヨレになっていました。。。

スキミング対策

クレジットカードやパスポートの情報を電波で抜き取られてしまうスキミングを防止する機能がついているポーチもあります。
こんなマークです↓
セキュリティバック シークレットバック
防止機能の有無で値段はそこまで変わらないので、より安心するために、スキミング防止機能付きを選ぶのがベターです。

スポンサーリンク

使い分け

首かけタイプか腰巻タイプかは、好みで良いと思いますが、個人的には腰巻タイプが使いやすくて安全です。
使い分けは、旅行先の安全レベルにもよって変えています。
外務省の海外安全ホームページの地域別の安全情報のレベルを参考にすると、レベル0~1のところは、腰巻タイプ1個です。
南米ブラジルやアフリカケニアのスラム街などは、腰巻タイプを2個持って行きました。
まず肌に近いベージュ色の腰巻タイプをつけ、それを隠すように黒色の腰巻タイプを巻いて2重にしました。
セキュリティバック シークレットポーチ
シークレットポーチを隠し持ってるとバレても、ダミーの腰巻タイプからお金を渡せば、貴重品は守れます。
さらなる安全対策として、恐喝された時のためにズボンのポケットに5千円くらい紙幣を入れとくと、スムーズに渡せて貴重品を守れる可能性が高くなります。

おすすめのセキュリティポーチ3選

1.地球の歩き方オリジナルコンパクトポーチ

首かけタイプのおススメは、海外旅ガイドブック大手「地球の歩き方」監修のコンパクトポーチ。
シンプルにこだわった作りでとても使いやすいです。
色は肌に近いベージュが良いですが、黒いTシャツを多く着る場合は黒色もカッコいいと思います。

2.BAGSMART シークレットウエストポーチ

腰巻タイプでベージュ色になってるBAGSMARTのセキュリティポーチです。
一番のオススメポイントは安いことで、ワンコインで買える上にスキミング防止機能付きの優れものです。
構造もシンプルで使いやすい形状になっています。

3.[LiberFlyer]セキュリポ

腰巻タイプで黒色の、雑誌でも紹介された人気のセキュリティポーチです。
スキミング防止機能に、ケーブルの出入り口も付いている多機能ポーチになっています。

スポンサーリンク

まとめ

海外旅行におけるセキュリティポーチの必要性と、種類、選び方、おススメのセキュリティポーチをご紹介してきました。
旅行先で貴重品を盗まれて大変なことになるより、先に準備しておくことで、安心・快適な旅が楽しめます。
出発前にご準備してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク