【旅行記】ジンバブエで石のアート鑑賞 -ブログ/全身全霊Takeoff

「ジンバブエ」の成り立ちは、9世紀にショナ族が石造建築を各地に建てたことが始まりです。
ジンバブエとは、ショナ語で首長や王の”石の家”という意味。
名前の通り、ジンバブエのいたるところに石の彫刻があります。
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート 
ビクトリアフォールズの街でも、多数の作品が街中に置かれていました。
石の彫刻は、「ショナ彫刻」と言われ、下書きなしの状態から、ジンバブエの神話をもとにした想像で作られています。
すごい!
石の素材以外にも、木や鉄を使ったアートも多数あり、お土産用の小さな彫刻も充実しています。
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート
↑ドヤ顔が良い!笑
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート お土産
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート お土産
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート お土産
どうやって作るのか?
気になって聞いてみると、ノミやハンマーを使ってるとのこと。
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート 作り方
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート お土産
丁寧に教えてくれたので、思わず欲しくなって、2、3個購入しました。
また、日本のものはジンバブエでは人気なので、物々交換もできました。
ヨレヨレで捨てようと思ってた文字入りの靴下と、小さなお土産を交換したら、意外と喜んでました。
ジンバブエ ビクトリアフォールズの街 石のアート お土産 必勝
”希少価値が高いもの”は”価値が上がり”ますね。
自分も稀少価値の高い人間を目指そう。
そう思わせてくれるジンバブエ旅でした。
アートに興味のある方はジンバブエに旅してみてはいかがでしょうか。
首都ハラレでは国立美術館で多数の作品が展示されています。
国立美術館↓
スポンサーリンク