すぐに解約もできるKindle Unlimited 30日間無料を試してみた感想

こんちは!海外旅行と読書を愛するショウ51です!

 

今回はAmazonの Kindle Unlimitedが30日無料で体験できるお得な情報をお伝えします♪

外出自粛でなにをしようか迷ってる方、この機会に新しいことを始めたい方におススメです!

記事の読了時間:4分

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedとは?

Kindle(キンドル)は、Amazonが提供する電子書籍リーダー、つまり電子書籍用のタブレットのようなものです。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)は、月額980円で130万冊以上の電子書籍が読み放題になるプランです。

参考にKindle Unlimitedのサイトです↓

Kindleが無くても、Kindleアプリをダウンロードすることで、PC、スマホ、タブレットなど、どんな端末でも見ることができます。

通常は月額980円ですが、今なら30日間の無料体験、もしくは3か月で合計299円の激安キャンペーンをやってます。

僕は今まで紙の本しか読んだことが無かったですが、”無料で体験できて、好きな時に解約もできる”ということで、今回初めて電子書籍にチャレンジしてみました♪

 

無料体験の感想

結論としてはすごくおススメです。理由は、読みたい!と思った本がその場ですぐに読めるから。

もっと早く始めてれば良かったなって思いましたね。

 

「読み放題」って聞くと、あまり知られていないタイトルが多いとか、古い本しかないというイメージでしたが、さすがAmazon、ベストセラーや最新の本がすごく充実してます

例えば、自己啓発系でいえば、世界的ロングセラーの「思考は現実化する」とか、

キンドル 思考は現実化する

 

比較的新しい本なら、星渉さんの「神メンタル」が読み放題ですし、

キンドル 神メンタル

 

言わずと知れたのハリーポッターの原作も全巻読むことができます。

キンドル ハリーポッター

 

ビジネス書・小説だけでなく、マンガやライトノベルも充実してるので、休みの間にいっき読みするのも良いですね♪

ちなみに、過去に登録して解約してる方でも30日間無料体験は適用されます。

 

どんな本が読み放題なのか、事前に知りたい方は以下の手順で探すことができます。

アマゾンサイト左上のメニューから「Kindle本&電子書籍リーダー」をタップします↓

キンドル 設定画面

 

「Kindle Unlimited読み放題」をタップします↓

キンドル 設定画面2

 

すると以下↓のように読み放題の本だけの紹介ページになります。

キンドル アンリミテッド

おもしろい本がいっぱいありますね♪

注意点としては、Kindleアプリにダウンロードできる数が、最大で10冊までなので、読んだらこまめに削除していきましょう。

つづいて、登録・解約の方法を紹介していきます。どちらも数分で簡単にできます♪

 


スポンサーリンク

登録方法

まずはKindle Unlimitedのサイトへ移動します↓

Kindle Unlimitedはこちらから

「30日間の無料体験を始める」をタップ↓

キンドル アンリミテッド 登録

 

支払い方法を選択して、「続行」をタップ↓

キンドル アンリミテッド 登録画面

 

30日間無料体験が選択されていることを確認して「会員登録を確定する」をタップして完了です。

キンドル アンリミテッド 登録画面2

 

完了直後に、Amazonからおすすめされたタイトルを購入しますか?となるので、好きなほうを選択してください↓

キンドル アンリミテッド 登録完了

 

解約方法

Amazonサイトの左上のメニュー画面で「アカウントサービス」をタップします↓

キンドル アンリミテッド 解約

 

アカウント設定から、「メンバーシップおよび購読」をタップします↓

キンドル アンリミテッド 解約2

 

「Kindle Unlimited
アクティブ」をタップします↓

キンドル アンリミテッド 解約3

 

高度なコントロールの下の「Kindle Unlimitedの設定」をタップします↓

キンドル アンリミテッド 解約4

 

メンバーシップを管理の下の「会員登録をキャンセル」をタップします↓

キンドル アンリミテッド 解約5

 

「メンバーシップを終了する」をタップして解約完了です↓

キンドル アンリミテッド 解約5


スポンサーリンク

終わりに

Kindle Unlimitedの1か月無料を体験してみた感想と、会員登録・解約の方法を紹介してきました。

 

食わず嫌いはもったいないでということを実感しました!

まだまだ探しきれないほど本がいっぱいあるので、僕はまずは数か月続けてみようと思います。

仕事も飲み会もオンライン化されてきてる今、本も電子化してみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク