【旅行記】美味しいけどグロい中国の○○○を食べてみた。 -ブログ/全身全霊Takeoff

5大陸30カ国以上を旅してきたショウ51です。
世界広しと言えど、中国ほど「何でも食べる国」は他にありませんね!
一部では食用としてを食べる地域があったり、現在は禁止されてると聞きますが猿の脳みそを食べる風習もあるそうで、恐るべし中国4000年の歴史です。
「郷に入っては郷に従え」をモットーにする僕としては、どんな時も果敢にチャレンジしたいと思っています。
、、、と、ハードルを上げといて、今回挑戦したのは、、、チキンです!
そう、ただのニワトリです。
ただ、人によってはグロいと感じる場合がありますので、心臓の弱い方は閲覧注意でお願いします。
では早速いってみましょう!
上海市内の市場を歩いていると、
チキン
普通にニワトリが1匹まるまる売ってます。
でも、
このぐらいで驚いてたら、心臓が何個あっても足りないですよ。
ブタ
急にブタの顔とか出てきますからね。
鳥 豚 足
こちらはコンビニで売ってた鳥の足と豚足です。
コンビニで売るくらい頻繁に食べられる鳥の足は、コラーゲンが入っていて美容に良いと中国人女性に人気だそうです。
味は、醤油風味に唐辛子が入ってピリッと辛い。
もも肉やむね肉より、肉の部分は少ないですが骨もポリポリ食べられます。
鳥の軟骨をもっと柔らかくした感じですね。
次の観光スポット、朱家角(しゅかかく)へ移動します。
朱家角
朱家角は運河が街の中を流れているエリアで、中国の昔の風景を楽しむことができます。
この観光エリアの出店に売っていたのが、こちら!
チキン 朱家角
手のひらサイズのチキンです。
いやー、、、おぞましいですね。。。
色々な出店に売ってたのですが、食べている人は誰もいない&現地の人にジロジロ見られたところからすると、現地でもそんなにポピュラーなものではないのかもしれません。笑
味は、鶏肉にちょっと濃いめの味付けがされた、「見た目通りのお味」でした。
一緒にいた友人には、「食べてる姿がグロくて見るに堪えなかった」「進撃の巨人みたいだった」とお褒めの言葉をいただきました。
チキン 進撃の巨人
この後ちょっぴりお腹が痛くなったので、そこらへんの出店に売ってる食材は火が通ってるものでも控えた方がよさそうです。
お腹が弱くても食べてみたい!というアツい人は、衛生面でより安心な、中~上級料理店で頼むことをおすすめします。
チキン シャンハイ
↑中級料理店で頼んだもの。
チキンを食べて、チキンハートを克服してみてはいかがでしょうか?
最新情報をチェックしよう!