【キューバ】バックパッカー必見!ハバナでのバス利用方法 -市街地/空港/ブログ/全身全霊Takeoff 

キューバ・ハバナ観光で、バスを利用して安く旅したい個人旅行者におすすめの記事です。
バスによる空港~市街地の移動、観光スポット間の移動についてまとめています。

ハバナ空港~旧市街地

対象者

空港と旧市街地間のバスは、地元民が使う超ローカルバスで、公式な路線図や時刻表が無いため、海外旅行上級者向けです。
キューバ バス

バス乗り場

ハバナ空港から旧市街地への向かうバスの乗り場です↓
反対に、旧市街地から空港へ行く場合、降りる場所は少しだけ空港に近い場所になります。
空港で降りる時のバス停↓
キューバ ローカルバス
場所によっては路線名が書いてある親切なバス停もありますが、数は少ないです。

本数

だいたい10分~30分に1本の間隔です。

値段

1乗車で1CUPです。
1CUC=約106円(2020年10月)
1CUC=24CUPなので、1CUPは約5円と激安です。

支払い

基本的には乗車時に車掌さんに払います。

市街地の観光周遊バス

対象者

キューバ バス ハバナ ツアー

観光客向けの周遊バスで、「ハバナ・バス・ツアー」という2階がオープンになった豪華な観光バスです。

バス乗り場

T1ルート、T3ルートの2つがあり、ともにハバナ旧市街地のセントラル公園を起点にしています。
セントラル(中央)公園↓
T1ルートは革命広場方面を回り、T3ルートはカバーニャ要塞やプラヤ・デル・エステビーチを回るルートです。
キューバ ハバナバスツアー

本数

9:00~17:00の間で25分~30分に1本間隔です。

値段

T1ルートが1日券10CUC、T3ルートが1日券5CUCです。

支払い

バスの中にいるチケットを売っている人から購入します。

まとめ

キューバ・ハバナでのバス利用方法をまとめました。
タクシーだと、空港から旧市街地間は25CUCもかかるので、うまくバスを使って節約しましょう!
キューバ バス ハバナ ツアー
最新情報をチェックしよう!