コーヒー発祥の地エチオピアの深い味わい -ブログ/全身全霊Takeoff 

コーヒーのルーツはエチオピアだと言われています。
エチオピアの「カファ」という地域でコーヒー豆の木が栽培されていたことから、「コーヒー」になったという説があります。
モカコーヒーは、エチオピアの豆を使ったコーヒーという意味で、昔エチオピアでとれたコーヒー豆を、イエメンにある「モカ港」という港から世界中に輸出されたのが語源となっているそうです。
エチオピアの首都アディスアベバでは、トモカコーヒーというお店が人気で、トリップアドバイザーでは部門別1位になってます。
僕の場合、トランジットの都合で、トモカコーヒーではなく滞在していたホテルの近くにあった小さなお店です。
店内はオープンしたてのような清潔感でオシャレな空間でした。
コーヒー エチオピア
肝心なコーヒーのお味もベリーグッド!
エチオピアのコーヒーはフルーティーで酸味があると言われています。
コーヒーを飲み慣れていないので、うまく食レポできなくてごめんなさいですが、とにかく「濃い」です。
普通のカフェラテを頼みましたのが、エスプレッソ並みに濃く、香りも濃厚でした!
コーヒー好きの方、エチオピアを味わってみてはいかがでしょうか。
エチオピア コーヒー
最新情報をチェックしよう!