本場ベルギーのワッフルは2種類あった?! 食べ比べ in ブリュッセル

ベルギーを代表するスイーツと言えばワッフル(とチョコレート)!
この記事を書いてるだけでヨダレが止まらない絶品スイーツのワッフルですが、ワッフル発祥の地ベルギーでは、実は2種類あるんです。
どんな違いがあるの?!の疑問にお答えするべく、実際にブリュッセルでワッフルを食べてみたのでリポートしていきます。

ワッフルの種類

ベルギーでは、「ブリュッセル風ワッフル」「リエージュ風ワッフル」があります。
ワッフル ブリュッセル
左がブリュッセル風で、右がリエージュ風です。
トッピングがあると分かりづらいかもですね。

リエージュ風ワッフル

日本のコンビニスイーツとしてよく目にするのがリエージュ風ワッフルです。
ワッフル セブン
弾力性があるモチモチした食感で、中身がギュッと詰まった感じです。
ワッフル
指で持っても折れ曲がらないくらいの固さで、丸みがありますね。

ブリュッセル風ワッフル

ワッフル ブリュッセル
外はカリカリ、中はサクサクでパイのような食感です。
こちらは指で持ち上げると曲がってしまう柔らかさで、長方形をしています。

どっちが美味しいの?!

それはもちろん、、、
どっちも美味しいですよ笑。
本場ベルギーはトッピングの種類も超豊富です。
ワッフル 種類
どこのお店でも、このくらいトッピングの種類があって選び切れません。

まとめ

ベルギーのワッフルの違いをリポートしました。
今回食べ比べしたのは、東京にも支店があるメゾン・ダンドワさんです。
ダンドワ
ブリュッセル観光の中心地グランプラスのすぐ近くです。
雨の日で人が少なかったですけど、それでもイートインコーナーはほぼ満席の人気店でした。
2種類のワッフルを食べ比べて、友人にウンチクを語ってみてはいかがでしょうか♪
スポンサーリンク