【グランプラス】フラワータイムに市庁舎を見学 in ブリュッセル -ブログ/全身全霊Takeoff

グランプラスとは?

グランプラスは、「世界で最も美しい場所」と呼ばれるベルギー・ブリュッセルにある広場で、世界遺産にも登録されています。
縦110m、横70mほどの石畳の広場を取り囲むように、美しく装飾された中世のヨーロッパ建物が立ち並んでます。
グランプラス 昼
優雅で格調高い建築に囲まれて、まるで映画の中にいるような気分になります。
グランプラス 壁面
拡大してみると1体1体がすごく細かく精巧に作られてますね。
グランプラス 夜
夜は幻想的な景色になります。
グランプラス 夜景
「息を呑む美しさ」とは、まさにこれですね。

フラワータイムとは?

グランプラスでは、2年に1度、8月上旬~中旬にかけて”フラワーカーペット”と言われる、
グランプラス フラワーカーペット
GoiによるPixabayからの画像-min
グランプラスの石畳1面に花で彩られたアートを開催します。
ただ2年に1度ではさびしいため、フラワーカーペットを開催しない年に行われるようになったのが”フラワータイム”です。
広場には、フラワーカーペットよりは小さいですが、
グランプラス フラワータイム
きれいなお花のアートが作られます。
それだけではなく、グランプラスに面した市庁舎の中にも豪華なお花のアレンジメントがされます。
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
普段は団体の見学ツアーで申し込まないと市庁舎の中は見学できませんが、フラワータイムの時期は個人でも好きな時間に見学できるようになります。
値段は、7~9ユーロくらいです。

市庁舎

グランプラス 市庁舎 夜
グランプラスに面した高さ100m近いゴシック様式のヨーロッパ建築で、宮殿のような豪華な内装になっています。
さっそくアレンジメントされたお花とのコラボをご覧ください。
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
4m近くある扉です。
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
芸術的ですねー。
グランプラス 市庁舎 フラワータイム
ジャガイモ?でしょうか。変わり種もかわいいです。

まとめ

ベルギー・ブリュッセルにあるグランプラスで行われるフラワータイムと市庁舎の見学について紹介しました。
人工的に作られた美しさ(市庁舎)と、自然の美しさ(花)のコラボレーションは、僕のように芸術シロウトにもすごく楽しめる内容でした。
ベルギー旅行の際はフラワータイムの期間に合わせて訪れることをおススメします。
スポンサーリンク