キューバ・ハバナは安全?治安情報まとめ -ブログ/全身全霊Takeoff

中南米で人気の旅行先であるキューバ・ハバナを旅して分かった治安in2019年について解説していきます。

治安

結論から言うとハバナの治安は、夜に1人で街を出歩けるくらい良いです。
僕は2019年の元旦から数日ハバナに滞在して夜中12時過ぎに出歩いてましたが、危険な目にはあいませんでした。

街の雰囲気

街の大通りは基本的に街灯がいっぱいあるので視認性が良いです。
キューバ ハバナ 治安 夜
キューバ ハバナ 治安 夜
特にハバナの中心街にある中央公園には、夜でもカップルや友人同士で談笑していたので、雰囲気が悪いと感じることはありませんでした。
観光客に優しい警察官がそこら中で見張りしていたり、パトカーが見回りしていました。

安全な理由

社会主義国

キューバは世界的にも珍しい社会主義国です。
毎月決まった給料が支給されるため貧富の差はありません。
ですので、「お金がなくて貧しいから盗む」という発想がないと考えられます。

観光立国

キューバは観光業で生計を立てているため、キューバにとって海外からの観光客は「大切な資源」です。
キューバ国民は、観光客への犯罪は重罪になるなど、厳しく取り締まりされています。

注意点

治安が良いと言っても犯罪がゼロではありませんので注意は必要です。
「安全な国の日本」でも毎日犯罪が起きるのと同じですね。
重大犯罪はありませんが、スリや置き引きなどの軽犯罪はあるので、気をつけましょう。
危険だとは思いませんでしたが、僕がバーに行った時に酔っ払いの男がからんできました。
からんできたというより話しかけられた感じです。
英語ではなく、何を言ってるか分からなかったので、とりあえず話すのを見てたのですが、バーの店員や周りの人が割って入ってきて、その人を店の外に追い出していました。
どこにでも変わった人はいますが、すぐに対処してくれたキューバ人の行動から考えると、「観光客への犯罪防止の意識」が高いことが伺えます
キューバ ハバナ バー
↑楽しく歌って飲んでくれたバーの店員さん。

まとめ

キューバ・ハバナの治安事情(2019元旦時点)をまとめました。
今はどの国もコロナウィルスが蔓延していますね。
落ち着いたらぜひハバナでカリブの風を味わってみてはいかがでしょうか?
キューバ ハバナ 街
最新情報をチェックしよう!