ビクトリアフォールズからブラワヨへ寝台列車で移動(後編)(ジンバブエ)

本記事は2018年5月にアフリカジンバブエのビクトリアフォールズからブラワヨへ寝台列車で移動した時の情報と感想です。後編は乗車後~ブラワヨ到着までの感想です。基本情報は前編に記載してます。

出発~ブラワヨ到着

アフリカの大自然を疾走

大きな汽笛とともに出発。ゆっくりと加速してくると風が入ってきて心地良く、丁度よい気温でした。
狭い通路の窓から外を眺めていると
遠くの方でゾウが鳴くのが聞こえる。
隣のおじさんが、
Elephants are trumpetting
Trumpetting?! なんかカッコいい! 粋な響き!
おじさんロマンチストだな?と思いながら聞いていた言葉でしたが、
ゾウがパオーンと「鳴く」の動詞は「trumpet」だと後日分かりました。
いやはや勉強になります。笑

満点の星空

アフリカの大自然の中では、夜の星空も輝きを増します
ビクトリアフォールズ中心街の街灯やお店の明るい光がある中にいても、夜空を眺めると綺麗な星空が見えました。
では市街地を離れて、大自然の真っ暗な森の中から星空を見上げれば、、、

ジンバブエの夜行列車から撮った星空

 

 

絶景です。

 

言葉はいらないでしょう。というか上手く説明できません。

 

空全体が天の川のような感じ。

世界5大陸すべて旅行しましたが、

初めて見た星空でした。

 

座席(自分の小部屋)の電気は消すことができ、列車も出発してから前半は10~30分の頻度で30秒前後停車することが多いため、窓から撮影することができます。僕はCANON 6Dをそのまま窓の縁に置いて撮影しましたが、3脚があるとベターでしょう。

座席の追加徴収(お金について)

添乗員が17USDで購入した2等席の切符を確認に来ました。

切符を見せた後、

「この部屋は3人席だから、1人で使用したければ後2人分を払ってくれ。でなければ列車後方で希望者を募る。」

このシート↓↓

ジンバブエ 夜行列車のシートが変化して3席になる説明

90°起こすことで3人分の席になります。

なにーーーーーーーーーーー!!!

 

17USD × 2人分=34USD 合計で51USD? 高いな。。。

一瞬躊躇しましたが、ゆっくりしたかったので払うを選択。

お金は翌朝に再度徴収に来た人に渡します。

しかし、結局は10USD渡して4ボンドノートの返却。

※ボンドノート:2019年5月現在のジンバブエ国内の通貨。
1USD=4~6ボンドノート

1人分が17と数値は合っているようなので、駅で購入の際に多めに取られたか、列車の添乗員にまけてもらったのか、そもそも当人たちの認識が合っていないのか。。。

 

真相は分かりませんが、とにかくUSDを多めに持っていくことをおススメします。

ジンバブエのハイパーインフレはかなり前のことですが、20195月現在もその影響で紙幣がないために銀行が閉まっていたり、ATMでお金が引き出せないことが多いです。

夜明け(車内環境)

明け方はかなり寒いです。僕は星空を眺めている途中で寝てしまったので、寒さで目が覚めました。

UNIQLOのヒートテックと葛根湯で風邪を引くことは免れましたが、ブランケットがあると良いです。

他の乗客も起き始めます。洗顔や歯みがきの排水は窓の外に捨ててます。

ジンバブエ 列車の窓の外に洗顔の水を捨てる

 

自然分解される環境に良い歯磨き粉開発したら儲かるかな?

生活といえば気になるトイレですが、、、

ジンバブエ夜行列車のトイレ

 

便器の先には線路が見えます。糞尿はむしろ自然には栄養でプラスになる?

ワイルドなシステムに感心。

 

ブラワヨ到着まで

ビクトリアフォールズ~ブラワヨ間の夜行列車はブラワヨが最終駅です。全員が一気に降車するので分かりやすいでしょう。

ブラワヨ駅の風景↓↓

ブラワヨ駅構内

 

ちなみにその他の駅は建物がなく、森を少し切り開いたようなところに停車します↓↓

ジンバブエ夜行列車 草原の中の駅

朝方はトマトなどの食べ物を販売する人もいます↓↓

ジンバブエ夜行列車 翌朝の販売

小さい子どもたちがカメラを見つけるとポーズをとってくれました↓↓

ジンバブエ夜行列車 翌朝子どもたちがカメラに向かってポーズ

 

まとめ(おススメの人)

いかがでしたでしょうか?

ジンバブエのビクトリアフォールズからブラワヨまでの夜行列車は、こんな方におすすめします。

  • アフリの大自然を満喫したい人
  • 星空が好きな人
  • 海外旅行に慣れてきて新しいことに挑戦したい人

 

あなたの大切な奥さん(彼女)や家族に「星を見に連れてって♬」と言われたら、迷わずビクトリアフォールズ行きの航空券を予約しましょう。

スポンサーリンク