【旅行記】アフリカ・ジンバブエにも宝くじが売っていた

アフリカの有名観光スポット「ビクトリアの滝」を観光した後、ジンバブエ第2の都市ブラワヨまで夜行列車で移動してきました。
ブラワヨでは現地の人に街を案内してもらって観光を終えて、最後に宿の近くにあるスーパーマーケットを教えてもらいました。
一緒に向かったスーパーの入り口近くに宝くじ売り場がありました。
ジンバブエ 宝くじ
宝くじの販売員は、街を案内してくれた人の友人だったようで、軽く話をしていました。
「どんな話をしてたの?」と聞くと、
「宝くじは当たらないから買わない方が良いと言ってたよ」と、元も子もない話をしていたようです。笑
「宝くじ」っと聞くと、夢や希望がいっぱい詰まったイメージがありますが、ギャンブルの一種なんですよね。
さらに、パチンコや競馬、カジノなど、他のギャンブルに比べるとクリーンな印象ですが、得られるお金の期待値(還元率)は、宝くじが格段に低いというのが事実です。
例えば、日本の宝くじで言うと、1枚300円の宝くじを買った場合、還元率は50%以下なので、150円にも満たないです。
つまり、宝くじを定期的に買い続けた場合、平均して半分以上は損することになります。
参考:図解 眠れなくなるほど面白い 確率の話
僕は以前まで「宝くじで夢や希望を買ってるんだ!」と意気込んで購入していましたが、
今後は控えよう。
と思えたジンバブエ旅行でした。
海外旅は色々なことを教えてくれるから面白いですね!
スポンサーリンク