こぶ出し器(部分靴伸ばし)を安く簡単に作成する方法(スケート靴/革靴)

本記事はお気に入りのスケート靴や革靴が足になじまない人のために、私のスケート靴を例にした(外脛骨用)部分靴伸ばし器の簡単な作成方法を提案します。

足が痛い!楽しくないスケート

知り合いに勧められて始めたアイスホッケー。

初試合で初ゴールをもぎ取ってチームメイトにチヤホヤされ、滑り出しは超順調!

 

と思いきや、、、

 

足が痛い!!!

 

上達してきてエッジが氷を噛むごとに足にかかる負荷も増え、ひどい時は練習後に歩くのが難しいくらい悪化。。。

 

私の場合は足首の内側の外脛骨。このあたり↓

 

とにかく幅広のスケート靴を探し、他県のショップに出向いては試し履きを繰り返しました。

しかし足にフィットするものは見つからず、痛みは増すばかり。

 

せっかく防具揃えたけどアイスホッケー止めようかな。。。

 

そんな悶々とする日々を過ごしていました。

 

こぶ出しという解決方法

ショップで相談していると、靴の一部分を広くできる「こぶ出し」という方法があることを教えてもらいました!お店でも施工してもらえるそうです。

 

ですが、こぶ出しの効果は半永久的に続くわけではないとのこと。するとショップに通う必要がある。。それはチョット面倒。

その日は myシューズを持参してなかったこともあり、とりあえず帰ってネットで調べてみることにした。

市販品購入

値段が安くて自宅で出来る簡易的なこぶ出し器が売ってました!

 

ポイントストレッチャー

 

早速購入して試してみると、、、

 

効果はバツグン、あの苦痛がウソのように痛くない!

 

再び楽しいアイスホッケーライフが始まりました。

 

しかし購入したこぶ出し器は簡易的で小さいため、スケート靴の修正には何回も場所を変えて押す必要がありました。市販で大きいこぶ出し器は5万円以上する、、、

 

そこで自分で作ってみることにしました。

 

自家製こぶ出し器作成

一般的なホームセンターに売っている品物3000円程度、所要時間30分以内で作成可能です。

材料はこちら↓

スケート靴用こぶ出し器

アロンアルファ

木材と金属を接着できるものを選びました。液体でなくジェルタイプだと接着剤が塗った付近に留まりやすいのでベターです。私は液体タイプを購入し、持ち運んでる時にはがれてしまい、接着し直す手間が発生しました。

鋳造C型クランプ

画像のオレンジ色のやつです。赤線部が短いと靴の底まで入らないため大きめのを選びます。?mmのを購入しました。

木製つまみ

ドアノブというか、小さな棚につける取っ手です。サイズが重要で靴の修正したい部分の大きさに合わせるよう足の患部よりひと回り大きい?mmほどのものを購入しました。

ステン丸リング

木製つまみと対になる、凹凸の凹の部分です。こちらもサイズが重要です。木製つまみよりひと回り大きいサイズで、患部の周辺の痛くない部分の大きさに合わせました。リングの直径(靴を広げる方向)が12mm、外周が60mmを選択しました。

木材

ステン丸リングとC型クランプの間に挟んで接着します。丸リングの外周の大きさに合わせました。

作成方法

まず完成図がこちら↓↓↓

スケート靴用こぶ出し器の完成図

先に丸リングと木材を接着します。

その後、木材とC型クランプ、木製つまみとC型クランプを接着。この2か所に同時に接着剤を塗ってクランプして固定すると、放置するだけで完成です。

 

早速試してみると、、、

大満足です!!

こぶ出し後のスケート靴を後方から撮影

↑↑モコっと出てるのが分かりますでしょうか?

 

1回のこぶ出しで3か月以上効果が持続しています!!

(使用頻度:週1回2時間前後)

 

こぶ出し後のスケート靴を横から撮影

↑↑↑横からの写真。うっすらと丸リングで押した後があります。

注意点として、強く締めすぎると丸リングの部分が内側に押し込まれて、患部周辺を逆に圧迫してしまう可能性があるので、クランプして5~10分ごとに外して確認するのと良いでしょう。

終わりに

革靴の場合は、スケート靴より柔らかくて小さいため、市販品でまず試してみるのが良いかと思います。

固い革靴やスケート靴が足に合わずにお悩みの方、試してみてはいかがでしょうか?

古いスケート靴いから履きづらそうなイメージを連想させる。
最新情報をチェックしよう!